ダイヤモンド買取をしたあと、そのダイヤはどうなるの?

母から相続で譲り受けた7個のダイヤモンド。

出張鑑定でダイヤモンド買取を高額でしてもらいました。

お店のおかげですね。

このお店は、昔からある一軒だけのダイヤモンド買取専門店です。

チェーン展開しているような大きな業者さんではありませんが、とても丁寧な対応、優れた鑑定力や査定力などで納得の行く買取りをしてもらいました。

それで、また気になったことがあったので、尋ねてみたのですね。

ダイヤを売却したら、そのあとどうなるのだろうと思うでしょ?売却したものにあとあとの責任はないそうです。

そして、品物については、ダイヤを枠からはずして再加工されることが多いそうですね。

枠は溶かして貴金属の材料になるそうです。

それから、宝石やブランド品を質屋さんでも売却することができるようですが、質屋さんとどのように違うのかも尋ねてみました。

一度お客の手に渡った品物を「古物」と呼ぶそうなのですが、この「古物」の売買などを営業としている「古物商の許可証」を取得している業者さんだそうで、質屋さんのようにお金を貸すことはできないそうです。

あくまで「古物」の売買だけだそうですよ。

初めて体験したダイヤモンド買取でしたが、いいお店に出会えていい体験をしました。

買取ってもらったことを母に報告したあと、その金額は妹と折半しました。

独り占めはできませんからね。